自転車自作研究会

ブレーキワイヤの取付

デュアルコントロールレバーを使うのは初めてなので、取扱説明書を見ながら慎重に・・・・。

デュアルコントロールレバーの口を大きく開けてブレーキワイヤ(取説の用語はインナーケーブル)のストッパ(取説ではケーブル掛けとなっています)を見たところです。レバーは引いて内側に倒しています。デュアルコントロールレバーならではですね。

ブレーキワイヤを通します。もちろんワイヤの方から、タイコの方からは通せません、あなたが魔法使いでない限り(^-^)。ワイヤにはグリスを塗っておきます。

アウターガイドをブレーキワイヤに通します。

アウターガイドの先をレバーに突っ込みます。それから、ブレーキアウター(取説ではアウターケーシングとなっています)をブレーキワイヤに被せます。ブレーキアウターをレバーに止まるまで押し込みます。見えないのでちゃんと押し込めているか不安なんですが、デュアルコントロールレバーではしかたないのでしょうね。

アウターケーブルを適切な長さに切ります(もちろん、ブレーキワイヤは抜いて、一緒に切ってしまうと・・・)。と簡単に書きましたが、意外に長さの調節は難しい(~-~;)。最初はある程度余裕をもって長めに切って、細かい調節をしてもう1回切るぐらいの気持ちで。スムーズはブレーキングのためにアウターケーブルがなめらかな曲線を描くように。

前はハンドルを切ってもハンドルとブレーキの位置関係が変わりませんが、後のアウターはハンドルを切ってもハンドルの動きを妨げないように余裕をもった長さにしましょう。

アウターケーブルを切っているのがワイヤカッタです。これも自転車を作るときの必須アイテムです。(大きな声では言えませんが・・・・チャチなワイヤー錠なんか一発です(~-~;)。)

これがアウターの切り口です。内側にアウターが入ってブレーキケーブルの動きを邪魔しないようにします。これは大体OKですね。

念のため、切り口をワイヤカッタで切り揃えてみました。あんまり違いがわかりませんね。最初からそんなにでっぱっていたわけではありませんから。

アウターケーブルを収めたアウターガイドをバーに仮止めします。写真ではよく見えませんがセロハンテープで2ヶ所を止めてあります。

千鳥(ワイヤ振り分け金具)をセットします。と簡単に書いていますが、私のブレーキシステムにはどこにもアジャスタ機構がないのでこの位置決めは大変シビアな作業になります。すっかり馴れてしまいましたが(^-^)。

最後に余分なブレーキワイヤをワイヤーカッタで切り、ワイヤーカップを付けます。ワイヤのほつれを防止するためです。


■ このページの最初へ
■ トップページへ