自転車自作研究会 2001/5/26更新

ケルビム700C

北海道大学サイクリングクラブ同期のM氏の依頼でツーリング用自転車を製作することになりました。

本人がまだ乗っていないので・・・サドルの高さが決められないのですが、これよりは高くなるはずです(^-^)。ハンドルももう少し上がるかもしれません。この他にインフレーター(シートチューブ)、ボトルケージ(ダウンチューブ)、バッテリーランプ(ハンドルバー)、LED点滅式のリアランプ(シートスティ)がつきます。

重量は写真の状態で11.3kgでした。あまり軽いとはいえませんが、大きめのフレームサイズ、サドル、ペダル、トリプルチェンホイール、ちょっと太めのタイヤ、太めのマッドガードなどを考えればこのぐらいなのかもしれません。ペダルとサドルを替えただけで10kg台にはなりますが(^-^)。

評価はオーナーのコメントを待ちたいと思います。ホイールの慣らしも兼ねて通勤に使ってみた印象ではカッチリとした乗り味で扱いやすいとは思います。フロント(トリプルチェンホイール)の変速性能は素晴らしいの一言ですね(いままで経験したことのない私にとっては)。フロントセンターが長いせいか直線安定性がいいように思います。逆にいえばハンドリングはクイックではありません。オーナーにとっては今までの自転車の中で一番細いタイヤです。空気圧をちゃんと上げて、歩道の段差に注意して走らないといけませんね(^-^)。

トップチューブが長めなので、ステムはもう少し短くてもよかったかもしれません。Mさ〜ん、乗ってみて考えてね(^-^)。ピラーも全体のフォルムから考えるとすこしうるさい感じがします。シマノのULTEGRAあたりに換えた方がいいかもしれません。

バーテープはサドルも黒だし、STIレバーも黒だし・・・とコーディネートして黒にしたのですが・・・こうして組んでみると・・・すこし強い印象がありますね(私には)。巻き替える時はシルバーの方がいいかもしれませんね。


大きな写真はこちら


自転車ツーリング再生計画のシールも貼りました
製作ストーリィへ
トップページへ