自転車自作研究会2009/9/6作成
TOMさんの釣竿フレームの自転車

作ろうと思ったきっかけは、私は自転車についての細かいことはまったく知らないド素人で、自転車を作るのはどのくらい難しいのだろうと試しに作ってみました。そして出来上がった自転車はなんと「スリルと恐怖体験」のできる自転車でした。自転車ってほんと奥が深いですね。お陰で色々勉強できました。

一番勉強になったのが、ハンドルとサドルの強度はかなり重要だということです。皆さんからみればあたりまえなのでしょうが、まさかハンドルにあんなに体重がのっているなんて予想外です。シートポストもしっかりしていないと、乗る時に一瞬かなりの体重がかかるのでかんたんにサドルが曲がってしまいます。

「スリルと恐怖体験」のできる自転車の仕様

・フレーム:釣竿(ほぼ上州屋製の竿)
・フロントフォーク:ママチャリからはずしたスチール(自作は断念)
・ハンドル:釣竿(やわらかすぎるので木に変える必要あり)
・ステム:釣り竿+階段手すりの余り木
・ブレーキ:ママチャリからの流用。サンポールで銅メッキしました。
・チェーン:ママチャリからの流用。サンポールで銅メッキしました。
・ペダル:左ママチャリからの流用、右折り畳み自転車から流用
・ホイール:暫定でママチャリのを付けてます。700Cが装着できるはず?
・タイヤ・ホイール:暫定でママチャリのを付けました。
・シート:ママチャリから流用(予定では木でつくるはずでしたが断念)
・シートポスト:釣竿。サドルとの接続には木

すみません。ド素人で。フレームが弱くて乗ったらすぐクラッシュかと思いきやダイヤモンド型だと結構丈夫ですね。

子供に、「おとうさん、自転車みたいだよ」と言われました。
「みたい...?」
確かに...(^^;)>

この次はまともなの作りたいと思っています。






トップページへ