自転車自作研究会2009/12/8作成
どんパパさんのPanasonicATB-1→シクロクロス仕様

リジットタイプの古いMTBをドロップ化し、経年変化で不具合の出たサンツアーXCシリーズを、シマノのTIAGRAでミックスコンポを試みております。


全体写真(オリジナルはタンゲクロモリフレーム、アラヤホイール、クランク及び前後ギア、フレームバッグ、サドルバッグ)

改造前の仕様は以下のとおりです。
フレーム:Panasonic MTBタンゲCrMoダブルバテッド/サイズ540mm
Fハブ:SANSIN36H 100mm
Rハブ:SANSIN36H 130mm
リム:アラヤRM-20 36H
タイヤ:Panasonic26×1.95
クランク:サンツアーXC
チェーンリング:スギノ48T(真円)/38T(Cycloidオーバル)/28T(Cycloidオーバル)
スプロケット:サンツアーXC9000ボスフリー13,15,17,20,24,28,32
変速レバー:サンツアーXC9000アキューシフト
Fディレーラー:サンツアーXC9000
Rディレーラー:サンツアーXC9000
ペダル:極東/トゥークリップ付属
ステム:日東
ハンドル:日東アルミフラットバー
ブレーキ:サンツアーXC9000カンチ
ブレーキレバー:サンツアーXC9000
サドル:サンマルコ
インフレーター:ZefalMT.
フレームバッグ:Panasonic
サドルバッグ:Panasonic

上記のパーツ仕様がオリジナルと思量されますが、経年劣化及び損耗に伴い、FRディレーラー、FRブレーキ、タイヤを換装。更に、ハンドル等をフラットバーからドロップへ改造しました。変更した仕様は以下のとおり。

変速レバー:シマノTIAGRA
Fディレーラー:シマノTIAGRAトリプル
Rディレーラー:シマノTIAGRAロングケージ
FRブレーキ:シマノBR-R550カンチ
ペダル:ミカシマEZyスーパー(ハーフクリップ付き)
ステム:FELT/スレッドコンバーター使用
ハンドル:FELT2.3シクロクロス
サドル:VERO/CENTURION CrMo

・リア7速スプロケットに対してシマノTIAGRAロングケージは、トップからローへの変速では、確実に1速ずつ動作可能ながら、ローからトップへは、ギア刃先の損耗もあり、3速からトップへ一気に戻ってしまう場合もあります。

・フロントは、ミドル及びインナーがスギノのCycloidオーバルギアにも関わらず、シマノTIAGRAトリプルで変速が可能です。若干のトリム操作を有する場合はあります。

I
クランクギア(サンツアーXCオーバルトリプルギアをシマノTIAGRAで変速)

I
リア多段ギア(サンツアーXCシリーズからシマノTIAGRAに換装)


スレッドコンバーターを用いてフラットバーからドロップ化しSTIを装着


トップページへ