自転車自作研究会2009/9/27更新
TOEIスポルティフ再び
1980年から私のツーリングの友として活躍してくれたTOEIスポルティフは,カーボンブルベモデルに羽化して,お役ご免になりました。物を大事にする(自転車を作りたい?)私は,残ったフレーム,在庫の部品等を活かしてもう一度クラシカルなスポルティフとして,組んでみようと思いましたが・・・・・・今の私の自転車ラインアップの中にスポルティフの場所はありません。どなたか使ってくれないでしょうか?。

クラシカルなフレームですからクラシカルに組むのがいいのかなあ。リアのエンド幅は130mmに改装してしまっていますが,ボスフリー7段あたりを入れれば見た目にはわかりません(オチョコ量も小さくできるでしょうし)。カーボンフレームにする前までは最新パーツで組んでいたのですから,最新機能採用ツーリング用自転車にすることも可能です(アヘッドステムは付きませんが)。クラシカルな自転車を作るのは私の芸風ではないかもしれません。カンパスーパーレコードを使ってクラシックロードを作ったときにそう感じました。サンプレのディレイラーを捜して,時代の揃ったフランス部品を揃えて・・・・楽しそうですが,できあがった自転車に私が乗っている情景を想像できません。

すると・・・・選択肢はクラシカルな雰囲気を残しつつ,最新機能を盛り込んだツーリング用自転車でしょうか?。昔,自転車に乗っていて久しぶりに帰り新参された方に違和感のない,手持ちの自転車を活かす具体例を示す・・・・これなら私の芸風に合うかもしれませんね。クラシカルな雰囲気は,具体的には・・・・・・

・クロモリフレームを使う(この場合コンチネンタルカットラグのTOEIスポルティフ)
・手組みスポークホイール?を使う。メーカー製完組ホイールは使わない。
・ブレーキレバーはアウター外出し(昔のブレーキレバー)
・シフトレバーはダウンチューブにWレバー
・サドルは革サドルを採用
・フロントキャリアを備える。
・マッドガード付き

ぐらいでしょうか?。以上を条件にすると・・・・チェンホイールをどうするか?が課題でしょうか?。選択肢はコンパクトクランク,ロード用トリプル,MTB用トリプル,5ピンクランクですね。


大きな写真はこちら

仕様と取扱説明書はこんな感じです。DURA ACE SL7900の10速用WレバーはトーエイフレームのWレバー台座と互換性がありませんでした。SISユニットとWレバー台座が干渉して固定できませんでした。昔のカンパWレバーに再登場してもらいました。10速チェーン+新品シクロツーリスト(チェーンリング)はうまく動きませんでした(チェーンがチェンリングを噛まずに浮いてしまう。チェーンがチェンリングから離れない)。使い古して磨り減ったシクロツーリストに換えたらOKでした。

塗り替えるときは・・・・無彩色系で塗るのが無難なのですが,黒は趣味じゃないので夜間の安全性を考慮して明るい白系にしましょう。あまり鮮やかな白も趣味じゃないのでライトグレイかアイボリーホワイトにしましょう。

2009/10/7追記
友人の友人の元に旅立って行きました。タクサン走れよ!。


自転車自作研究会へ