自転車自作研究会 2005/8/10作成
オチョコ組のスポーク張力
オチョコ量が大きければテンションも大きい
オチョコ組みしたときの左右のスポークのテンションのバランスを考えてみます。

スプロケット側のスポークとホイール面の角度をA、反スプロケット側の角度をB、スプロケット側のスポーク張力をTa、反スプロケット側のスポーク張力をTbとします。

リムに働く左右スポーク張力の水平方向の分力が同じ大きさなので、リムは動きません。水平方向の分力が同じ大きさなので・・

Ta*sinA=Tb*sinB
です。だから
Ta/Tb=sinB/sinA

AとBは、ともに十分小さいので、以下のように近似することができます。

Ta/Tb=sinB/sinA=B/A=Lb/La

La、Lbは車輪中心から左右のフランジまでの長さです。車輪中心から左右のハブフランジまでの長さの比(Lb/La)の逆数が左右のスポークテンションの比になります。LbがLaの2倍の場合、TbはTaの1/2(TaはTbの2倍)です。

スプロケット側のスポークテンションが高くなるとそれだけ折損の可能性が高まります。オチョコ量が少ない車輪は左右のスポークテンション均等に近く、スポーク切損の可能性を下げることができます。

(原案:なんぱく)