自転車自作研究会 2005/1/7更新

大きな車輪と小さな車輪の違い

車輪の大きさよる違いについて(定性的に)整理してみます。大きな車輪と小さな車輪はリム・タイヤの太さ等の車輪径以外の条件が同じだとして,以下のような違いがあります。定量的な評価データは私は知りません。物理的に説得力があるといいのですが。

項目

大きな車輪

小さな車輪

備考

重量(質量)

重い

軽い

大きい物が重いのは当然。輪行で担ぐ時,山で担ぐ時に重い。
回転モーメント(車輪の回転しやすさ)

大きい

小さい

大きな車輪はスピードに乗りにくく,足を止めても回転が落ちにくい。小さな車輪は加速が良くスピードに乗りやすいが,足を止めればすぐ回転が落ちる。
剛性(変形しにくさ)

低い

高い

スポークの本数・テンションにもよるが,大きい車輪の方が剛性が低く変形しやすい。クッションがいいとも言える。
強度(壊れにくさ)

低い

高い
スポークの本数・テンションにもよるが,大きい車輪の方が塑性変形しやすく,車輪の振れもでやすい。
操舵力(ハンドルを切るのに必要な力)

大きい

小さい

大きなコマの方が方向を変えるために力が必要。大きい車輪の方がハンドリングが安定しているとも言える。小さい車輪の方が回転数が大きい(コマとしてより機能している。)ので,本当に大きい方が操舵力が必要か?。乗っている身にとっては大差ないな,が実感。
車輪回転数

小さい

大きい

小さな車輪はたくさん(高回転で)回らないと大きい車輪と同じ速度がでない。ハブ・スプロケットの使用条件としては厳しくなる。小さなタイヤの摩耗も大きくなる。
ハブ位置

高い

低い

地上からのハブ位置(高さ)は小さな車輪の方が小さくなる。チェンホイール側からみたハブの位置は相対的に下がる。小径車では,フロントディレイラーが使いにくくなる面がある。
ペダルと前輪の干渉

しやすい

しにくい

ペダルとの干渉は車輪が小さいほど少ない。
バッグ・キャリアとの干渉

しやすい

しにくい

車輪が小さい方がバッグ・キャリアをつける空間は大きくなる。
踏破性

大きい

小さい

大きな車輪の方が障害物を乗り越えるのが簡単です。小さな車輪は段差・石に弾かれることもあります。(下図参照)
トップページへ