自転車自作研究会 2003/6/30更新

8m〜2.3mの具体的な組合せ

どういうギヤ比にするか?はみなさんがそれぞれ決めることです。それを可能にする部品も供給されています。例として,私の必要ギヤ比範囲8.0m〜2.3mを現行の標準的部品で構成してみましょう。ホイールは26×1.25HE(タイヤ周長1953mm)を例にして考えてみます。以下の表ではギヤ比8.0m〜2.3mを等比的に3分割して高,中,低を灰,緑,黄で表しています。

〜8.0m

8.0m〜5.28m

5.28m〜3.48m

3.48m〜2.3m

2.3m〜

ロードダブル50/39×MTBスプロケット11〜32
トップ50×11,12は不要ながら十分なギヤ比の幅を確保 MTBスプロケットは歯数間隔が広いのできめ細かなギヤチェンジは望めない。インナー39Tだけでも実用になりそう,ちょっとトップが足りないかもしれないけど。
11 12 14 16 18 21 24 28 32
50 8.88 8.14 6.98 6.1 5.43 4.65 4.07 3.49 3.05
39 6.92 6.35 5.44 4.76 4.23 3.63 3.17 2.72 2.38
ロードトリプル52/42/30×MTBスプロケット11〜32
トップ52×11,12とロー30×28,32は不要? MTBスプロケットなのできめ細かさには欠ける ロー側のギヤが不要ならばロードダブルで十分?
11 12 14 16 18 21 24 28 32
52 9.23 8.46 7.25 6.35 5.64 4.84 4.23 3.63 3.17
42 7.46 6.84 5.86 5.13 4.56 3.91 3.42 2.93 2.56
30 5.33 4.88 4.19 3.66 3.26 2.79 2.44 2.09 1.83
ロードトリプル52/42/30×ロードスプロケット13〜25
範囲を必要十分にカバー,きめ細かさは充分,純正組合せで何の問題もない,700Cだとこうはいかない。26HEならではの組合せ
13 14 15 16 17 19 21 23 25
52 7.81 7.25 6.77 6.35 5.97 5.35 4.84 4.42 4.06
42 6.31 5.86 5.47 5.13 4.83 4.32 3.91 3.57 3.28
30 4.51 4.19 3.91 3.66 3.45 3.08 2.79 2.55 2.34
MTBトリプル44/32/22×ロードスプロケット11〜21
トップ側は充分。ロー側がちょっと低い。 きめ細かさは充分。
11 12 13 14 15 16 17 19 21
44 7.81 7.16 6.61 6.14 5.73 5.37 5.05 4.52 4.09
32 5.68 5.21 4.81 4.46 4.17 3.91 3.68 3.29 2.98
22 3.91 3.58 3.31 3.07 2.86 2.69 2.53 2.26 2.05
MTBトリプル44/32/22×組換えロードスプロケット11〜19
トップ側は充分。ロー側もちょっと低いだけ。きめ細かさは過剰なほどの1枚飛びスプロケット! センターにアウター/インナーにないギヤ比がある。
11 12 13 14 15 16 17 18 19
44 7.81 7.16 6.61 6.14 5.73 5.37 5.05 4.77 4.52
32 5.68 5.21 4.81 4.46 4.17 3.91 3.68 3.47 3.29
22 3.91 3.58 3.31 3.07 2.86 2.69 2.53 2.39 2.26
MTBトリプル48/38/28×ロードスプロケット12〜23
ギヤ比は全て使用範囲内。 きめ細かさは充分。 アウターが大きいのでフォルムはこちらが好みの人もいることでしょう。
12 13 14 15 16 17 19 21 23
48 7.81 7.21 6.7 6.25 5.86 5.51 4.93 4.46 4.08
38 6.18 5.71 5.3 4.95 4.64 4.37 3.91 3.53 3.23
28 4.56 4.21 3.91 3.65 3.42 3.22 2.88 2.6 2.38
MTBスタンダード44/32/22×11〜32
トップ側は必要十分。低い方はここまで低いギヤ比が必要ならば採用。 MTBスプロケットなのできめ細かさには欠ける。インナーは不要ですね。
11 12 14 16 18 21 24 28 32
44 7.81 7.16 6.14 5.37 4.77 4.09 3.58 3.07 2.69
32 5.68 5.21 4.46 3.91 3.47 2.98 2.6 2.23 1.95
22 3.91 3.58 3.07 2.69 2.39 2.05 1.79 1.53 1.34
以上から,市販部品で私のニーズを満たす組合せは3通り。

・ロードトリプル52/42/30×ロードスプロケット13〜25
・MTBトリプル44/32/22×ロードスプロケット11〜21
・MTBトリプル48/38/28×ロードスプロケット12〜23

スプロケット組み換えという裏技を使えば

・MTBトリプル44/32/22×組換えロードスプロケット11〜19

も検討の対象になります。MTBトリプルを使う組合せでは,STIレバーとMTB用フロントディレイラーの組合せが使えることが条件ですが,使えなくてもロード用のフロントディレイラーを使うという選択肢も残っています。フロントトリプル(ロード,MTBを問わず)を前提にすればMTB用のワイドはスプロケットは必要ありません。さらに拡張する場合は・・・・

ギヤ比の拡張可能性
にて。


トップページへ