自転車社会学会

自転車社会学会の方針と目標

方針(自転車が果たすべき役割)policy
わたしたちが愛する自転車。自転車が社会で果たすべき役割はなんでしょうか?。自転車の機能を社会の中で十分に発揮させることが自転車社会学会の方針です。
自転車は愉しい!
自転車に乗れば愉しいのです。豊かな心で豊かな社会を,明るい心で平和な世界を作りましょう。
自転車で健康に! 自転車に乗ると元気になります。ストレス社会を生き抜いて,高齢化社会を健康に生きましょう。
環境とエネルギー 自転車は最も省エネルギー・省資源な交通機関です。地球を守るためにも自転車に乗りましょう。
目的(方針を実現するための目的地)objective
わたしたちが自転車に役割を全うさせるためにできること,しなければならないことはないでしょうか?。自転車社会学会では目的をみなさんと一緒に考えていきたいと思います。
安全な交通環境! 1年に1,000人近い人が自転車で亡くなるなんて!安全で効率的な道路環境は是非とも必要です。
社会環境の改善! 自転車を利用するうえでの文化的,社会的,経済的障害を減らして自転車利用を推進しましょう。
目標(目的地にたどり着くための当面のゴール)target
自転車を利用する人が増えること,自転車が好きな人が増えること,それは自転車利用推進の目標であると同時に方針・目的を実現する最大の手段です。当面はこれを目標に活動していこうと思っています。そのために一歩を踏み出しましょう。百里の道も一歩から。一歩を踏み出せなければ次の一歩はなく,もちろん百里の道を往くことなどできません。百里の道の先にある夢「自転車のある明るい未来」を信じて。

自転車社会学会へ