自転車社会学会2005/9/19更新

放置車両を根絶するには

道路資源の有効活用のために路上駐車は追放しなければなりません。道路という公共財産を私物化していいわけがありません。渋滞や救急車両の妨害などを引き起こしています。自動車の利用効率を低下させ、経済活動をも損なっています。もちろん、自転車にとっても極めて邪魔です。

原因と対策
なぜ公共財産である道路に駐車するのでしょうか?できるのでしょうか?原因、動機は・・・

・近くに駐車場がないから
・駐車料金がもったいないから
・駐車場に入れるのが、駐車場から歩くのが面倒くさいから

でしょうか?。方策として考えられることは・・・・・・

○近くに駐車場があるためには
駐車場があちこちにできなければなりません。駐車場があちこちにできるためには儲かる、収益が上がる事業である必要があります。そのためには高い駐車料金で営業できなければなりません。現在、路上駐車している自動車が駐車場を利用するようになれば、需要と供給の関係から駐車場料金が上がっても営業できることでしょう。

○駐車料金を安く感じてもらうには
駐車場に入れないでいると、駐車違反で捕まる確率が高く、しかも反則金、罰金が高いことが必要です。捕まる確率×反則金=駐車場料金です。反則金を上げるほど、捕まる確率が高いほど高い駐車料金で営業できます。駐車場も増えます。

○駐車場から歩くのが億劫じゃなくするためには
アチコチに駐車場が作られれば歩く距離が短くなり面倒と感じる人も少なくなることでしょう。駐車場に入れるのが面倒な人は・・・反則金をたくさん払っていただきましょう。

具体的な対策

なんとも単純明快な対策なんですねえ。タクサン駐車違反を捕まえて、タクサン駐車違反金をいただくことが対策なんですねえ。本当は、モラルの向上、意識の向上、クルマ文化の向上が必要なのですが。

○捕まる確率を上げる(取締の強化)
多数の駐車違反を処理しなければなりませんので、処理効率を上げて、コストを低減する必要があります。自動車検査登録制度(道路運送車両法)によりナンバーにICタグを付加すれば自動車の使用者が簡単に特定できます。違反車両のナンバーをリーダーで読み取るだけです。警察が直接取締をする必要もないことでしょう。民間委託制度を活用し、警察は委託先の監視・利用者からの意見反映をするだけにすれば、警察力をもっと有効な活動に振り向けることができます。

ITS高度交通情報システム(国土交通省道路局)の構成要素の一つであるETCはすでにID識別を行っていますね。スマートプレート(電子ナンバープレート)もITSの要素の一つとして国土交通省自動車交通局で検討されているようです。実現が見えているわけではないようです。社会的、心理的影響を考慮してのことでしょうか?。

○反則金の引き上げ(罰則の強化)
駐車違反罰金・反則金を引き上げても支払われなければ意味がありません。高い罰金・反則金を支払う動機・必要性を確保するために、罰金・反則金を支払わない運転者に対しては免許停止(道路交通法)、使用者に対しては車検証発行拒否(道路運送車両法)が必要です。現在の道路交通法だけの枠組みの中では、使用者に対して車検証の発行拒否ができません。道路運送車両法に基づく自動車検査登録制度の中に法令(道路交通法)を遵守しない使用者に対して車検証を発行しない条件を付加することが必要です。罰金・反則金を支払わない使用者の情報が警察と国土交通省(運輸支局)で共有される必要もあります。



トップページへ