自転車ツーリング再生計画 2005/3/10作成

行動食・ドリンク

食料・行動食
チョコレート,飴,ナッツ等の高カロリー食品もエネルギー補給のために持っていきましょう。お腹が空いて走れなくなることをハンガーノックといいます。嘘みたいですが・・・本当に走れなくなるのです。私も2回ぐらい経験しました。もし,山中でハンガーノックになったら・・・大変です。補給ができないコースでは行動食を必ず携帯しましょう。ハンガーノックになっても食べる物さえあれば大丈夫です。食べれば,すぐ走れるようになります。食べたとたんに身体が「エネルギー補給したから血糖を供給しても大丈夫だ」と思うようです。
水・ドリンク
ボトルには水を入れて持っていきましょう。市街地ならコンビニで補給できるかもしれませんね。水がなくては走れません。特に夏の暑い盛りには脱水症状をおこさないように,こまめに水分補給しましょう。本当に暑い時にはボトルの水がお湯になってしまって飲む気になりません。無理をしないで,涼しくなるまで日陰で休んでいきまましょう。

水ではなくポカリスエットやアクエリアスのような体液成分と近いドリンクの方が吸収がいいのだそうです。ポカリスエットやアクエリアスを2倍程度に薄めるといいそうです。私はいつも水(時にはオレンジジュースの時もありますが)なので,詳しくありません。
トップページへ