自転車ツーリング再生計画 2004/11/28作成

山道のルール=FCYCLO山紫水明からの提案=

ここを訪れたあなたはきっと、山を歩き回る、マウンテンバイクを担いで山へ行く、あるいはこれからやってみたい、と思っている方でしょうね。ひょっとすると、山の中の道で、自転車に出会ったけど、あれって一体なんだ、と疑問を持ったハイキングの好きな方かも知れません。また、山野を自転車で駆け巡って、既にその楽しみを満喫している方かも。逆に、やり始めたところだが、まだ勝手がよく分からない、誰かと情報交換したい、と思っているかも知れませんね。

@niftyの会議室FCYCLO山紫水明での会話の中から、少しシリアスな話題が出てきました。それはこれから先も山に自転車を持ち込んで走る楽しみを守りたいと言うテーマです。背景として、一部の山や林道で自転車の乗り入れが禁止されたり、ハイキングや登山を楽しむ人達から、山に自転車を持ち込むなんて、と嫌われたりする向きがあります。我々の一致する見方は、山でのルールが知られていない、知られていないから守られていない、と言うことです。

山道のルールは山紫水明に参加する、実際にMTBを楽しむメンバーの発言を、他の山を楽しむ人達とうまく共存しよう、と言う発想で山紫水明メンバーのルールとしてまとめました。これをスタートとして山道のルールの認識と遵守を拡大させたいと考えています。それが山にMTBを持ち込んで走る楽しみを守ることにつながると信じています。

これから始めようとしている人、ベテランの方、一緒に考えてみましょう。山道に自転車?、と疑問を抱いていらっしゃる方々にも一読をお願いします。

目次
はじめに
1.ハイカーとマウンテンバイカーのトラブル。
2.山道や林道からのMTBなど自転車の締め出し。

マウンテンバイカーの山道でのルール
1.常にハイカーに道を譲る。
2.スピードは控えめに走る。
3.痕跡を残さない。
4.事前に計画を立てる。


山道でハイカーと共存する工夫、マナー
1.まず知らせよう、同じ山を楽しむ人間であることを。
2.ハイカーとの混雑の回避策。


用語の定義

論点:山道のルールかマナーか,メンバー(順不同)

参考:米国に見る山道のルール成立の経緯

http://forum.nifty.com/fcycle/indexold.htmより転載(私にも共同著作権はあります)


トップページへ