自転車ツーリング再生計画2007/7/23更新

ロード・MTBの輪行

マッドガードのないロードレーサー,マウンテンバイクの輪行は簡単です。前後輪を抜くだけです。私のロードレーサーの輪行は,以下の方法です。慣れれば5分かからないことでしょう。マウンテンバイクもほぼ同じ方法でできると思います。自転車をさかさまにして作業する方がわかりやすいのでしょうが,サドルに傷がつくのがイヤ,自転車をさかさまにする時間が惜しいのでこの方法です。みなさんはどんな輪行方法を編み出すのでしょう。
チェーンをアウターとトップに

シフトレバーを操作してチェーンを一番大きなチェンリング(アウター),一番小さなスプロケット(トップ)に掛けます。アウターにチェーンがあるとチェンリングの歯で怪我する可能性が小さくなります。輪行袋も破れないかもしれません。トップに掛けたチェーンは後輪を外しやすくします。停まる前にトップに入れておくと,手間が省けます。

ブレーキの解放

自転車の左に立ちます。チェーンが服を汚しません。前後ブレーキのクイックを開きます。

タイヤが細くて車輪を抜くときにブレーキシューに干渉しない場合はこの作業は不要です。

マウンテンバイクの場合はVブレーキのワイヤを外します。

後輪を外す

自転車の後ろに寄ります。左手で後輪のクイックレリースを緩め,右手でリアディレイラーを後ろに引きながら車体を持ち上げ,後輪を下に落とします。後輪はスプロケットを下にして地面に置きます。

前輪を外す

右手を持ち替えてトップチューブを持ち,左手で前輪のクイックレバーを緩めて前輪を外します。前輪も後輪と離して地面に置きます。

マウンテンバイクの場合は,フロントエンドに車輪脱落防止用タブが付いているので,クイックナットを緩めないと前輪が外れません。

後輪の上に車体,その上に前輪を重ねる

右手で持っている車体を,チェーンを下側に,クランクを前後の位置にして(クランクを回すときにチェーンを外さないように気をつけて),後輪の上に重ね,ペダルがタイヤに当たる位置に置きます。前輪をその上に重ね,タイヤがペダルに当たる位置に置きます。前後輪のハブは前後にずれた位置にします。

ベルトで縛ります

チェンスティ,前後輪,チェーン,片方のクランクをベルトで縛ります。

トップチューブと前後輪をチェンスティの反対側で縛ります。

前後輪とフレームをしっかり縛って,フレームと前後輪の位置がずれなければ,ハブがフレームに当たる(フレームに傷が付く)こともありません。


門岡袋に入れます

門岡袋を拡げて,ハンドル,サドルを下にして(リアディレイラーを上にして)入れます。

マウンテンバイクの場合は,長いハンドルを90度方向を変えても入らないかもしれませんね。その場合はハンドルを上にして入れてハンドルを門岡袋からはみ出させるしかないでしょう。リアディレイラーが下になってしまうので輪行袋の扱いには注意しましょう。心配は方はエンド金具を使ってもいいことでしょう。

組み立てはこの逆の順番です。もちろん,後輪を入れるときにはチェーンをトップに乗せます。ブレーキワイヤのセットもお忘れなく。

トップページへ