自転車ツーリング再生計画 2002/7/20作成

フロントディレイラーの調整

フロントディレイラー(前変速機)の調整は3つのネジで行います(以下はシマノの取扱説明書における名称。名称統一したら?シマノさん)。(本ページの図はシマノの取扱説明書の図を使用しています。)

・トップ側調整ボルト
・ロー側調整ボルト
・ケーブルアジャストボルト

トップ側調整ボルトとロー側調整ボルトはディレイラーが左右に動く範囲を制限しています。しめれば動く範囲が狭まります、ゆるめれば広がります。ゆるめすぎればチェーンが外れてしまいますし、しめすぎればチェーンがギヤに入らなくなります。

アウター調整ボルトはアウター長さを調整します。インデックスシステムでは、ディレイラーレバーのカチカチという位置が、チェンリング一枚一枚のディレイラープレート位置と対応しています。ワイヤの長さが合っていないとプレートが正しい位置にこないので、うまく変速しません。

ロー側調整ボルト(現行シマノの場合は縦に2つ並んでいるうちの下のネジ)

前のギヤ(チェンリング)を一番小さなギヤに後ろのギヤ(スプロケット)を一番大きなギヤにします。この状態が一番チェーンが車輪側に寄ります。

●ロー側に変速しない
→ディレイラー可動範囲ロー側がせまくなっている→ロー側調整ボルトをロー側に変速するまでゆるめる(下図のBの方向に)

●ロー側にチェーンが落ちてしまう
→ディレイラー可動範囲ロー側がひろくなっている→ロー側調整ボルトをチェーンが落ちないところまでねじ込む(下図のAの方向に)

トップ側調整ボルト(現行シマノの場合は縦に2つ並んでいるうちの上のネジ)

前のギヤ(チェンリング)を一番大きなギヤに後ろのギヤ(スプロケット)を一番小さなギヤにします。この状態が一番チェーンが車輪から離れます。

●トップ側に変速しない
→ディレイラー可動範囲トップ側がせまくなっている→トップ側調整ボルトをトップ側に変速するまでゆるめる(下図のBの方向に)

●トップ側にチェーンが落ちてしまう
→ディレイラー可動範囲トップ側がひろくなっている→トップ側調整ボルトをチェーンが落ちないところまでねじ込む(下図のAの方向に)

ケーブルアジャストボルト

●変速するとチェーンがガチャガチャいう
→変速ワイヤが伸びてインデックスの位置がずれている→ケーブルアジャストボルトを左に回してアウターを長くする(右図)

Wレバー台座左側のケーブルアジャストボルトをゆるめたり(B)、しめたり(A)、気のすむまで調整してください。
・Aではアウターが短くなり、相対的にインナーが長くなり(ゆるみ)ディレイラーのプレートはロー側に移動します。
・Bではアウターが長くなり、相対的にインナーが短くなり(引っ張られ)ディレイラーのプレートはトップ側に移動します。

→インナーのディレイラー取付位置がずれている→アウター調節ボルトを調整する(インナーの取付長さを変える)。

ケーブルアジャストボルトで調節しきれない場合はインナーのディレイラー取付ボルトをゆるめて、取付け直してください。

その他

シマノの取扱説明書には以下の記載があります、ご参考まで。

・クランク側へチェーンが落ちてしまうとき→トップ側調整ボルトを時計方向に1/4回転ほど締める
・ボトムブラケット側へチェーンが落ちてしまうとき→ロー側調整ボルトを時計方向に1/2回転ほど締める
・中間ギアから大ギアに変速しにくいとき→トップ側調整ボルトを反時計方向に1/8回転ほどもどす
・中間ギアから小ギアに変速しにくいとき→ロー側調整ボルトを反時計方向に1/4回転ほどもどす
・チェーンがフロントチェーンホイールの最大ギアの位置でフロントディレイラーのインナープレートとチェーンが干渉するとき→トップ側調整ボルトを時計方向に1/8回転ほど締める
・チェーンがフロントチェーンホイールの最大ギアの位置でフロントディレイラーのアウタープレートとチェーンが干渉するとき→トップ側調整ボルトを反時計方向に1/8回転ほどもどす
・大ギアから変速して中間ギアを飛び越えてしまうとき→アウターアジャストボルトを反時計方向に1〜2回転もどす
・中間ギア位置でリアを最大ギアにした場合、チェーンがフロントディレイラーインナープレートと干渉する場合→アウターアジャストボルトを時計方向に1〜2回転締める

トップページへ